So-net無料ブログ作成
園芸・ガーデニング ブログトップ

肥料は忘れずに [園芸・ガーデニング]

庭に花壇や菜園を造るとき、まずチャックするのは、庭の土についてです。

この土が良ければ、花や野菜の栽培の半分は成功したようなものです。

土が良ければ、作物の育て方が分からなくても大体育ってくれます。

日本の土は地域によってかなり異なります。

大きく分けると日本の土は3種類に分けられます。

・火山灰土
火山大国の日本には、北は北海道から南は九州まで各地の火山の近くに分布しています。

・褐色森林土
日本の大部分の山の土で、腐食質を多く含み、pHは酸性です。

・赤色土、黄色土
日本の中南部に分布している土です。有機質が分解した粘土質の土は赤色土といわれます。

これらの土を作物が育ちやすい土に変えます。

酸性が強い土なら、アルカリ性に修正するといった具合にです。

また土壌改良の後、忘れてはならないのが肥料です。

肥料は作物に必要な栄養素を補う意味があり、必ず施すべきです。

肥料は、大きく分けて無機質肥料や有機質肥料があります。

好みにもよりますが、無機質肥料に分類される化成肥料が使いやすい肥料だと思います。
タグ:肥料
園芸・ガーデニング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。