So-net無料ブログ作成

酵素ドリンクの作り方は簡単 [食品と健康]

健康に良いということで大人気となっている酵素ドリンクですが、わざわざ薬局などで購入しなくても自宅で作ることができます。

まずは材料となる野菜や果物を用意します。旬の野菜などを材料に使うと、美味しい酵素ドリンクが作れるかもしれません。

用意した材料を適当な大きさに切り分け、樽の中で砂糖としっかり混ぜ合わせます。
よくかき混ぜたら表面を砂糖で満たし、フタをしましょう。

後は1週間から2週間程度、毎日樽の中をかき混ぜ、最後にザルなどでろ過しながらエキスを抽出すれば、酵素ドリンクの完成です。

完成するまで多少時間がかかるというデメリットはありますが、薬局などで酵素ドリンクを購入するより、はるかにコストを抑えられるのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

歯列矯正の医院選び [病気と健康]

歯列矯正の治療を始めるうえで、一番重要なのが医院選びだと思います。

歯列矯正は一般の歯科医も治療を行えますが、日本矯正歯科学会の認定医、指導医の資格を持つ矯正医に治療をしてもらうほうが良いでしょう。

この矯正治療の認定医、指導医の資格は平成元年から施行された資格で、世界的にも認められた制度です。

一般の歯科医院でも、矯正治療は専門医が担当している場合があるので、歯科医院に聞いてみましょう。

矯正治療の専門医院の場合は、設備も整っていると思います。

もちろん各種器機を消毒・滅菌していることは歯科医院として当たり前です。

汚い歯科医院は治療を受ける以前の問題です。医療は日々進歩しています。

矯正治療の方法も場合によっていくつかあるので、患者さんの立場に立って歯列矯正の方針を提示し、その短所や長所を説明し、患者さんが最終的に治療方針を選択できるところが納得のいく治療のできる医院だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

蜂の子は長野市の名産品? [食品と健康]

長野県長野市の名産品の1つに蜂の子があると思っている方もいるようですが、実は蜂の子は長野市の名産品ではないらしいです。

蜂の子を名産品として販売しているのは、長野県の「伊那市」なんだそうです。

一方、長野市ではりんごやおはぎ、長芋や味噌などが名産品として販売されているようですね。

ちなみに、伊那市の名産品は蜂の子の他にもローメンや馬刺し、おたぐり、ざざ虫、気の里ビールなどがあるとのことですよ。

長野県では蜂の子のことをすがら、すがる、すがれなどと呼ぶこともあるらしいです。

また、伊那市だけではなく、長野県内のほとんどの地域で蜂の子の甘露煮や佃煮などが缶詰で販売されているそうですので、旅行の際はお土産に購入してみても良いかもしれませんね。
タグ:蜂の子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

アルギニンはプロテインに含まれている? [栄養と健康]

スポーツをしている人のなかには、普段からプロテインを利用している人がいると思います。

スポーツをしていなくても、体を鍛える目的でプロテインを摂取している人もいるでしょう。

天然に存在するアミノ酸のアルギニンは、プロテインと同時に摂取したほうがよいといわれていることから、プロテインに含まれている場合があります。

通常アルギニンは体内で生成できる成分なんだそうですが、ひどく疲れていたり、強いストレスを受けている場合などは体内で十分な量のアルギニンを生成できないそうですので、プロテインを普段から摂取されている場合はアルギニン入りのプロテインを選んでみてもよいかもしれません。

ちなみにアルギニンをプロテインで摂取する際は、スポーツや筋トレをしてから30分以内に摂取すると効果的だという話もあるそうです。
タグ:アルギニン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

葉酸はいつから摂取すると良い? [栄養と健康]

葉酸は、妊娠している女性にとって必要不可欠な栄養素と言われているそうですが、いつから摂取すれば良いのかご存知でしょうか。

一般的に葉酸は妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月の期間に摂取することが好ましいらしいです。

ただ、妊娠の1ヶ月に気付かない女性もいらっしゃるかと思いますので、普段から葉酸を摂取してみても良いかもしれませんね。

ちなみに、葉酸の一日あたりの目安摂取量は0.2mgと決められているそうですが、妊娠している女性の場合は3倍の0.6mgの摂取が好ましいとのことです。

また、葉酸は熱を加えると壊れやすいという性質を持っているらしく、食事での摂取が難しいという方は葉酸サプリなどで摂取してみても良いかもしれませんね。
タグ:サプリ 葉酸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

セラミドの種類はどのくらいあるのか [美容と健康]

細かく分けるとセラミドにもそうとういろんな種類があるみたいなのですが、大きく分けると天然のセラミドと合成のセラミドに分けられるみたいです。

天然は馬や牛などからとれた動物性セラミドやお米や小麦粉などからとれる植物性セラミドの事。

ただこれはお値段もそうとう高いんですよね。

合成は人間の肌にある成分と全く同じ成分になるように作られたモノで、こちらはお値段も比較的リーズナブル。

お肌への効果が高いのはやっぱり天然なのだそうで、あとはお財布の問題になってきそうですね。

ちなみに合成セラミドは活性型セラミドとも呼ばれているみたい。

これは最初から美容やアンチエイジング目的で作られて、化粧品なんかにもいろいろと使われていますよね。
タグ:セラミド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ADHDの就職支援について [病気と健康]

ADHDの人の就職を支援する機関は今では様々のものがあります。

ADHDの症状のため、仕事を行なう上でかなりの困難を感じている場合は、一度、職業能力の検査を受けてみると良いでしょう。

各地にある障害者就労支援センターなどに相談すれば、知的能力の検査や職業の適性検査などが受けられます。

他にも発達障害者支援センターと呼ばれる機関もあります。

精神障害者保健福祉手帳などを持っていれば、それらの機関が障害者雇用制度を利用して就職できるよう援助してくれます。

この手帳は最近では、広汎性発達障害やADHDの人でも取得できる場合があります。

一般的な就職はちょっと難しいという人でも、この制度を利用することによって就職できる場合があります。

現在、仕事に就いている方でも、知人や同僚との関係に悩んだり、期待されているほど仕事ができなかったりして苦しんでいるのであれば、これらの機関に相談できるでしょう。
タグ:ADHD
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

日本山人参の種の不思議 [食品と健康]

糖尿病の治療に効果があるとして密かに注目されている日本山人参植物があります。

血圧を下げる効果が期待できる部分の葉と多くの薬効成分を含む根が煎じて食べられていました。

しかし健康食品として流通しているのは”葉”だけで”根”は流通していません。

なぜなら日本山人参の根は厚生労働省から生薬認定されており、一般に流通できないんです。

そのため一般人が日本山人参の根を食べようと思うなら自分で栽培するしかありません。

普通の植物は種をを植えるところから大きくなっていきますよね。

しかしヒュウガトウキという日本山人参の場合には、なんと、どんなに頑張ってみても、種からは絶対に栽培できないと言われてきたんだそうです。

ちなみにこのヒュウガトウキを増やすためには、自生しているヒュウガトウキの株を、株分けして増やしていくんだそうです。
面白いですよね。

ただ、現在ではヒュウガトウキも種からの人口栽培に成功したため、種から育てる事ができるようになっているんだそうです。

おそらくは、最近になってからインターネットで話題にな始めたのは、人口栽培の成功で、少しずつ流通量が増えているということなのかもしれませんね。

厳しい環境で育つ時勢のヒュウガトウキと自家栽培の物は栄養面はどのくらい違うのでしょうか。
気になりますね。
タグ:日本山人参
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

オルニチンのサプリ [食品と健康]

オルニチンは、肝臓の働きを正常に保つために欠かせない栄養素です。

特にシジミに多く含まれていますが、不規則な食生活を送っている方は十分摂取できていない可能性があります。

そんな方にはオルニチンのサプリの利用が良いかもしれません。

サプリメントなら、お近くのドラッグストアやインターネット通販などで手軽に手に入るうえ、持ち運びもできますので外出先でも飲み忘れることがほとんどないでしょう。

また、サプリならシジミを食べるより効率的にオルニチンを摂取することができるため、必要量を十分摂取可能です。

オルニチンのサプリは、アメリカでは定番となっています。日本ではそれほど知られていませんが、健康的な生活を送りたいならオルニチンサプリを考えてみてもいいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ビオチンの摂取量 [栄養と健康]

ビオチンには、さまざまな皮膚疾患などの予防・改善効果が期待できるといわれています。

厚生労働省は1日当たりのビオチン摂取目安量を提示していますが、摂取目安量を超えたからといって副作用などが発症するというわけではありませんので、安心して摂取してくださいね。

厚生労働省は提示している1日当たりの摂取目安量は、男女共に30μgとなっています。

これは、タマネギ0.5個分、イワシ1尾を食べたときと同じ摂取量なんですよ。

食事だけで毎日目安量を摂取することはとても大変ですので、ビオチン配合のサプリメントなどを利用したほうが良いかもしれませんね。

ちなみに、アメリカの米国食品医薬品局が定めている摂取目安量は、男女共に100μgとなっています。
タグ:ビオチン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。